The Room of 135

TOPAboutBBS

135の部屋掲示板

135とその周辺に関するお話し場にお使いください。
サイト更新に間に合わない情報をこちらに書くこともありますので、時々のぞいていただけるとよいかと思います。

著作権を侵害するような発言や誹謗中傷等の発言は管理人が予告なく削除することがあります。

サイト管理人:架夢心

(英数字8文字以内)   情報を保存

(画像を入力) 投稿キー

文書追加しました

> にしざわあかねさん

掲載文書についてのご指摘ありがとうございます。
135本のまとめページにビデオに同封されていた文書を追加しました。

それぞれの文書が届いたときには気づかなかったのですが、改めてひとつの画面に並べてみると見えてくるものがあるような気がします。

また、2004年に返金を希望されたときの詳しい経過をありがとうございます。
このときにも送金の連絡はなかったのですね…

そして、返金を申し出るために宛先が書きにくくて、返金を希望できなかったということもありえたかも…ですね。
(chieriさんのお気持ちがわからない状態で話をすすめてすみませんm(__)m 一般論として…とお考えください)
自分もまとめページに画像をのせるときに「ことさらこの係名まで載せることはないか」と削除していたのに、実際に宛先にかくことまで考えが至っていませんでした。

ちなみに、私の場合は、返金を希望するという選択はあまり考えませんでした。
返金を申し出るための期日は設けられていませんでしたが、一緒に申し込んだ方々と個別に相談して5人分の意見をまとめるあいだに、発送の準備が始まってしまいそうだと思ったためでした。
(本の発送まで2ヶ月だったら、遅くとも1ヶ月後には印刷に入っていると予想しました)


現在、すすめられている返金と冊子の発送がどの程度すすんでいるのかはわかりませんが、私もできるだけ早く完了することを願っています。
こちらの掲示板に書きこみいただいた例から考えると、手続き途中でメール不着などの滞りがあった場合には申込者の方から再度連絡をしないと話がすすまない方が多いようで、どれほど手続きが進んでいるのかが気になります。
架夢心 2017/08/03(Thu) 22:03 No.52

色々思い出します

>管理人さま
梶原さんから申込者に送られてきた、135本の販売受付から返金希望についてまでの文書の掲載、ありがとうございます!

手元にも書類は全て残してあるのですが、あちこち分けて保存しているため、このような形で一覧できるようにしていただけると、非常に分かりやすいです。
「135本についての情報まとめ」ページの、これまでの経緯にまとめられた内容が、がぜんリアルな記憶として蘇ってきます。

>Chieriさん
書き込みされていることについて、少しお尋ねします。

>宛先が消されてありましたが、その宛先をそのまま書いていいのか迷っているうちに時間が過ぎてしまった理由が、自分の中では大きかった気もします。

この文章の意図としては、返金を申し込もうと考えたけれど、(管理人さんが開示された)宛先の係名が書きにくかったから、という理由で、返金を選択しなかった、ということを指していらっしゃるのでしょうか?
文面からそのように読んでしまったのですが、もし、解釈が違っているようでしたらごめんなさい。

私は2004年8月に返金を申し込みましたが、梶原さんの文面にあるように、「あと2ヶ月待ってほしい」とあることで、一度、ここで返金を受けて気持ちを整理し、2ヶ月後に135本が発行された際に、改めて申し込みをしよう、と考えてのことでした。
信じる・信じないというよりも、実際に本が出てから考えたい、という思いがあったためです。
でも、返金申し込みの宛先は、梶原さんのお詫びの気持ち・自虐を込めてのもの、だったのかもしれませんが、ファンにそんなことを書かせること自体、正直、悪趣味だなと感じました。
なので、指示された宛先ではなく、単に「梶原茂人様」と書いたことを覚えています。
それで十分お手元に届くでしょうし、内容を見ていただければわかるだろうと。

しかし、返金案内の文書が届いて、折り返し返事を送ったのにも関わらず、1ヶ月以上経過しても何の音沙汰もなかったので、再度問い合わせをいたしました。
本の発行は2ヶ月後、ということなのに、返金手続きに1ヶ月以上もかかっていては、意味がないのでは?との指摘もしました。
その問い合わせ後に、返金はありましたが、当時はメールで連絡が有るわけでもなく、何度か口座を確認して、やっと、という感じでした。

今回、全員に返金された際も、返金の通知はなかったとのことで、その一手間がせめてもの誠意の見せ所なのに、と残念に思います。

>再び、管理人さま
今回、梶原さんから送られてきた書類の原本を掲載していただきました。
ちょっと系統が違うかもしれませんが、135のライブビデオに同封されていた添え状にも、135本に言及されている箇所があります。
もし、差し支えなければ、こちらの書類も併せてアップしていただけないでしょうか?
ご検討のほど、よろしくお願いします。

梶原さんのブログの文末には、未だに「135本について」の文章が掲載されています。
1日も早く、本の申込者の方全員と連絡が取れ、返金手続き及び冊子の発送が完了することを、同じ申込者として願っております。
ブログ記事から「135本について」の記述がなくなった時が、この問題の完全な終結なのかな、と個人的には思っています。
にしざわあかね 2017/08/02(Wed) 13:13 No.51

Re:削除しました

> chieriさん
135本を待ち続けるあいだに、信じているはずの気持ちが重くなっていったことは多くの申込者に共通してあることだと思います。その気持ちが前に出ての書きこみだと拝察しましたが、当時のことをご存知ない方もこの掲示板をご覧になっていますので、注釈を加えましたm(__)m
135本を申し込んだ方の声は貴重ですので、できたらお気になさらず書きこみをしていただけますと幸いです。
ただ、今回の書きこみにも気になる部分があったので、また口を挟ませてくださいm(__)m

> 宛先が消されてありましたが、その宛先をそのまま書いていいのか迷っているうちに時間が過ぎてしまった理由が、自分の中では大きかった気もします。

文書を保管されていないとのことですので、もしかすると勘違いをなさっているのではないでしょうか。
削除した箇所は、梶原さんの当時の「(所属レコード会社)内(ファンクラブ)係名」とレコード会社の住所が記されている部分のみで、とくに言及する必要があった箇所とは思えませんでした。
(なにか書きたい理由がありましたら失礼しましたm(__)m)

たしかに、係名は封筒の表書きには書きにくい係名でしたが…。
おそらく、梶原さんのお気持ちから出た係名でしょうが、本当にこの係名を書くの?と思った記憶があります。

住所はネット上に掲載してよいものではないですし、宛先については隠す必要はありませんが、掲載する必要も感じませんでしたので、係名のこともあり住所とともに削除しました。

書きこみを読まれた方が当サイトでネット上に掲載可能な情報を意図的に隠していると思われる可能性もありますので、件の文書画像の削除範囲を住所のみに変更します。
これは、サイト運営上の自己防衛のようなものなので、できましたらお気になさりませんようにm(__)m
架夢心 2017/07/31(Mon) 23:29 No.50

削除しました

二択の書き方に配慮が欠けてて申し訳ありません、決して、「信じられないから返金を」という捉え方をしていたからそう書いたわけでは無く、単純に個人的な捉え方で「(私は)信じて待つ」と分けてしまいました。全く「信じられない人」「信じる人」と分ける意図はありません。
さらに、文書を載せていただいてありがとうございます。宛先が消されてありましたが、その宛先をそのまま書いていいのか迷っているうちに時間が過ぎてしまった理由が、自分の中では大きかった気もします。いろいろな理由が私にもあったのに、簡単な二択でまとめてしまい本当にごめんなさい。そして記憶違いもありました。文書を保管していなかったので。もしかしたら、不愉快な思いを他の方にもさせてしまうおそれもあるので、削除しました、ありがとうございました。
chieri 2017/07/31(Mon) 20:15 No.49

Re:135本について

> さくらさん
ご報告ありがとうございます。
冊子の到着と返金が受けられてよかったです。そして、気持ちの上で辛かったことが減ったのでしたら何よりです。

> chieriさん
信じながら待ち続けた心中をお察しします。
長い間、心にひっかかりを抱えられていたためだと想像しますが、書きこみを読まれた方が誤解をされそうなところがありましたので、注釈を加えさせていただきますm(__)m

> 以前、「返金して欲しい人」と、「信じて待つ人」を募られた時
2004年8月に届いた、梶原さんから本の経過と返金についてのお知らせのことだと推測しました。
このお知らせでは、梶原さんが「返金したいと考えている」ことと「原稿を仕上げる努力をしている。2ヶ月だけ時間がほしい」ことが記されていました。

金銭と期待を預ける相手としては梶原さんを信用することができず、返金を希望された方もいると思います。
一方で、梶原さんを信用して返金を希望されなかった方もいると思います。

しかし、「信じる」かどうか以外の要因によって、返金を希望するか否かが決まった方も多いはずです。
この時点で、本の申し込み開始時から1年以上が経過していますので、転勤の多い仕事だったりするなどの事情で申し込みを取り下げざるをえなかった方。また、数人分まとめて申し込んでいたため、心ならずも返金をしてもらった方もいるかと思います。
逆に、まとめて申し込んでいるために、個別に返金を申し出ることができなかった方もいるでしょう。

文章のなかでは「返金を希望する人」に対して「信じて待つ人」という二択でもありませんでした。
このときに返金を希望した方のすべてが梶原さんを信じられなかった方だったとは限りません。

ただ、文章のなかに「信じて待つ」という言葉はありませんが、お知らせを受け取ったファンとしては、返金を希望することが、梶原さんを信じていないと表明することになるのではないか、という踏み絵のような印象を持たれた方もいると思います。


10年以上のあいだ待ち続けるうちに、記憶や気持ちが混ざっていくことは多いと思います。そう言っている、この文章も推測が多いですし。
おおもとの文章が見られない状態で語っていても信憑性が薄いと思います。そこで、本サイトの「135本についての情報まとめ」に135本について文書を掲載しました。
単独の文書ですと前後の関係が捉えにくいため、135本の販売受付から返金希望についてまでの文書を載せましたので、気になる方はご覧いただけましたら幸いですm(__)m

「135本についての情報まとめ」
http://135room.thyme.jp/book.html
架夢心 2017/07/30(Sun) 22:44 No.47

135本について

遅くなりましたが、きちんと梶原さんから冊子が届き、返金も確認できました
冊子を読んで「あぁやっぱりそうだったのか」と思うこともありましたが…なんというか、ようやくモヤモヤがなくなった気がします

>音楽自体についての気持ちが変わるならともかく、それ以外の部分で聞けなくなるのはお互い…アーティストにとっても、ファンにとっても、楽曲自身にとっても…悲しいことだと思います。

そうなんですよね…音楽自体を嫌いになってしまったのなら、それはそれで仕方がないことかな、と思うんですが
そうじゃなかったので…素直な気持ちで聴けないのがとても辛かったです
聴いていて、「好きだったなぁ」という穏やかな気持ちと一緒に、歪んだ気持ちも湧きあがってくるようで…
だからmixiのコミュからも遠のいたりして…


いつかまた、梶原さんのライブにも行けるといいなぁ、と思います

取り急ぎ、ご報告まで
さくら 2017/07/27(Thu) 13:20 No.45

コアラのつづき

WEST WOODのレコードリリース日とコアラの謎を求めて国立国会図書館にいってきました。
LPとEPで記載が異なっている曲もあったので、レコード会社の目録でひととおり確認していったら見慣れない名前を見つけたり。
(手書き原稿の時代なので、2文字を1文字に合体させてしまった模様)
この目録、大丈夫か?と思いつつ、数字を書き間違えたりはしないだろうということで、目録のデータをもとに更新しました。

「抱きしめてスウィートエンジェル」が使われたアニメについても、アニメ誌で調べてみたら、6月に発売されていたという記載を見つけました。企業内部のプロモーションビデオだったら、現存していても見ることはできないかと思っていたけれど、一般発売されたものなら、見られる可能性があるかも。

(画像が載せられないので、画像をあげたツイッターの発言へのリンクです↓)
https://t.co/NbFMS8PQGb

しかし、ビデオ公開にあわせたシングルの発売日だったのでは、という仮説がくずれてしまった。
ビデオ発売が6月で、シングル発売が11月って…?
メンバー本人たちが帰国してから、発売することにした、ってことなのか。

同時期にコアラの絵本が出版されているので、ビデオの件とあわせてもう少し調べてみます。
架夢心 2017/07/16(Sun) 00:35 No.44

Re:[42] 135本について

> さくらさん
お久しぶりです!&書きこみありがとうございます。

> 135本について、モヤモヤした思いがあり、梶原さんがソロライブをやり始めたと知っても、なんとなく行けないでいました
> あんなに好きだった135のCDさえ聞かなくなっていました

お察しします。音楽自体についての気持ちが変わるならともかく、それ以外の部分で聞けなくなるのはお互い…アーティストにとっても、ファンにとっても、楽曲自身にとっても…悲しいことだと思います。

さくらさんも梶原さんのブログの呼びかけに対するメールから、再度の問い合わせが必要だったんですね。
もしや、滞りなくことがすすんだ方はいないのでしょうか(汗)
(そうだったらこんなところには書きこまないか…)
それでも、返金、送付がされて一区切りとできたらいいですよね。

> また、無事に届いたら書き込みにきます

ありがとうございます。書きこみお待ちしています(^^)

こちらは相変わらずなサイトをやっています。とはいえ、新しいネタはあまりないので以前の出来事などを彫っていることが多いですが…。
よかったら&気が向いたら本のこと以外でも書きこみください。
架夢心 2017/07/10(Mon) 22:50 No.43

135本について

このハンドルネームを使うのは10数年ぶりでしょうか...
懐かしいお名前をいくつか拝見し、嬉しい限りです

135本について、モヤモヤした思いがあり、梶原さんがソロライブをやり始めたと知っても、なんとなく行けないでいました
あんなに好きだった135のCDさえ聞かなくなっていました

去年梶原さんのブログで135本についての呼びかけを見て、すぐにメールを送りましたが返信がなく...なんとなくそのままになっていましたが、先日もう一度送ったところ梶原さんより返信がありました
どうやら最初のメールに梶原さん返信されたようなのですがわたしの方で受信できなかったようでした
当初予定していた形ではない物の発送と返金は来週中には...ということでした

もう忘れかけていた、というか諦めていたものがようやく届くのかな、と思うと一区切りついたような気がします
また、無事に届いたら書き込みにきます

追伸:去年、ローカル番組で思いがけず見た前川さんの弾き語り、嬉しかったな...ねぇ?博多モンさん(^^)
さくら 2017/07/09(Sun) 19:13 No.42

コアラの謎

みなさん既にご存知のことなのかも?と思いつつ。
20年越しで引っかかっていたコアラの謎がだいたい解けてすっきり(^^)

WEST WOODの最後のシングル「抱きしめてスウィートエンジェル」はコアラのイラストのジャケットで、歌詞もコアラっぽい。EPを入手した頃に、このシングルのリリース時がコアラ初来日の時期だったため、そういう曲になったという話を聞いた記憶があります。しかし、詳細は不明のまま。

去年、135ファンの方からWEST WOODについての資料をいただきました。(ありがとうございます!)
その前に今まで持っていなかったシングルを入手したこともあり、いただいた資料を参考にディスコグラフィーを整理していて、気づいたことがひとつ。

先日到着した梶原さんの「冊子」によると、WEST WOOD時代、1984年5月以降のスケジュールを「真っ白」にして渡米。梶原さんは10月下旬に帰国したとのこと(高木さん、本田さんは後から帰国)。
「抱きしめてスウィートエンジェル」の発売は、1984年11月(レコード盤面の表示は「84.12」)。
企画物のレコードだったとしても、リリース前にミュージシャン本人たちが日本にいないって…?しかも、渡米中にWEST WOODではなくなることにしていたのに?

やはり、シングル発売日にコアラ初来日が関係しているのか?
と、調べはじめまして(コアラの来日は10月だった)、たどり着いたのが、スタジオぴえろ制作でコアラのキャラクター(レコードジャケットのコアラ)のプロモーションビデオでした。
何のことはない当サイトのWEST WOODのページについてネット上で言及している記述を見つけたのが糸口でf^_^;
コアラの来日時期とこのプロモーションビデオ公開のタイミングの関係で、シングルの発売日が11月だったのかな。などと想像しています。
架夢心 2017/06/17(Sat) 22:06 No.41

ABOUT